2030年のスタンダード住宅を描こう

日本エコハウス大賞2022

エントリーはこちらから

日本エコハウス大賞は、
脱炭素時代の美しい住宅を表彰する設計実例コンテストです。
私たちの未来の暮らしを支えるエコ住宅のあり方を
審査員と一緒に考えてみませんか。
みなさまの応募を心よりお待ちしています。

第6回のテーマ

高性能を活かした
住まい方の提案

最優秀大賞は公開審査で決定!

新築部門

2018年以降に新築した建て主が関係者以外の新築の戸建・賃貸住宅が対象。予算や要望などに対する提案力や完成度の高さを評価する

最優秀賞

(1作品)

賞金10万円

優秀賞

(1作品)

賞金5万円

エコリノベ部門

2018年以降に改修した戸建住宅、マンション、賃貸・店舗併用可​。ビフォー・アフターだけでなく、調査や技術面も評価する

最優秀賞

(1作品)

賞金10万円

優秀賞

(1作品)

賞金5万円

モデルハウス・自邸部門

2018年以降に完成した実務者のモデルハウス・自邸が対象。新築・エコリノベ部門の評価に加え、先進性・提案力・挑戦意欲を評価する

最優秀賞

(1作品)

賞金10万円

優秀賞

(1作品)

賞金5万円

グランプリ

(1作品)

賞金15万円

協賛企業賞(6作品)

協賛企業の製品を使ったエコ住宅を表彰。豪華副賞を進呈。

特別賞(数作品)

最優秀賞および優秀賞以外の作品で、審査員の評価が高かった住宅を表彰します。

優秀設計者賞/優秀技術者賞/U35新人賞など

※各賞については、応募状況により該当ナシとなる場合があります

お知らせ

8つの評価項目

脱炭素時代の省エネ住宅の提案

地域・周辺環境に合わせたパッシブ設計

自然エネルギーを活用した創エネルギーの提案

新しい試みや挑戦

心地よさ、暮らしやすさを考慮したプラン

安心して住み続けられる耐震性の確保

公共に配慮した普遍的な美しさ

長持ちするための工夫や維持管理の提案

審査員の紹介

建築家

伊礼 智 氏irei satoshi

伊礼 智 氏

1959年沖縄県生まれ。東京芸術大学美術学部建築科大学院修了、丸谷博男+エーアンドエーを経て'96年伊礼智設計室開設。斬新でなく実用的なデザイン、簡素ながらも品があり、クオリティの高い美しい佇まいを心がけ、誰もが居心地良いと思える家づくりを追究。2006年「9坪の家」、'07年「町角の家」でエコビルド賞。2013年、i-works project でグッドデザイン賞を受賞。著書に『伊礼智の住宅設計』『小さな家70のレシピ』(エクスナレッジ)

東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻 准教授・博士(工学)

前 真之 氏mae masayuki

前 真之 氏

1975年生まれ。‘98年東京大学工学部建築学科卒業。2003年同大学大学院博士課程修了。’04年建築研究所などを経て、29歳で東京大学大学院工学系研究科客員助教授に就任。’08年同建築学専攻准教授。空調・通風・給湯・自然光利用など幅広いテーマを研究し、真のエコハウスの姿を追い求めている。現在、暖房や給湯にエネルギーを使わない無暖房・無給湯住宅の開発・研究に取り組んでいる

建築家

三澤 文子 氏misawa fumiko

三澤 文子 氏

静岡県生まれ。1979年奈良女子大学理学部物理学科卒業、現代計画研究所を経て'85年Ms建築設計事務所設立。2001~’09年岐阜県立森林文化アカデミー教授、’11年~’15年京都造形技術大学通信大学院教授。主な作品は、ケナル山荘、白水湖畔ロッジ、禅定庵、北沢建築工場など。著書に『木造住宅の可能性』(INAX出版)、『住宅に空間力を』(彰国社)、『最高の木造住宅をつくる方法』(エクスナレッジ)など

建築家

竹内 昌義 氏takeuchi masayoshi

竹内 昌義 氏

1962年神奈川県生まれ。'85年東京工業大学工学部建築学科卒業。'88年東京工業大学大学院理工学専攻科建築学専攻修士課程修了。2008年に東北芸術工科大学デザイン工学部建築・環境デザイン学科の教授に就任。専門は建築デザインとエネルギー。主な著書に『図解 エコハウス』(エクスナレッジ)、『原発と建築家』(学芸出版社)、『未来の住宅/カーボンニュートラルハウスの教科書』(バジリコ)など

夢・建築工房 代表取締役/一般社団法人 新木造住宅技術研究協議会 理事

岸野 浩太 氏kishino kota

岸野 浩太 氏

1975年北海道千歳市生まれ、4歳で埼玉県に転居。‘98年日本大学工学部建築学科卒業後、東京都内の設計事務所に勤務し、共同住宅や事務所ビルなどの設計・監理、分離発注(CM方式)による住宅の設計・施工などを担当。2005年に夢・建築工房入社。’13年同社代表取締役に就任。高断熱・高気密住宅の設計・施工の実績を積み重ねてきた埼玉県の”スーパー工務店“に成長させる。主な著書に『エコハウス現場写真帖』(エクスナレッジ)

審査の流れ

1.

書類審査

建築知識ビルダーズ編集部が書類チェックを行います。
主に書類の不備や項目の過不足などを確認し、写真やプレゼンテーションの内容などを見て1次審査に進む住宅を選考します。

2.

設計審査

1の書類審査を通過した住宅を対象に、審査員5名による設計審査を行います。
設計図書(平面図・断面図)を審査し、優れた設計の住宅を10作品選考します。
※審査員の票が入った応募者には、後日、得票数をお知らせします。
※ノミネートは、オンライン審査に出席できることが条件となります。

3.

ノミネート作品発表

WEBサイトで発表します。
後日、各作品のプレゼンテーションをYouTubeで公開します。

4.

オンライン審査会

設計審査員およびゲスト審査員による審査を行い、最優秀賞と優秀賞を決定します。
決定後、WEBサイトで発表します。
最優秀賞の住宅は「建築知識ビルダーズNo.51」(2022年11月27日発売)に掲載します。

5.

シンポジウム&表彰式

ジャパンホーム&ビルディングショーの会場で、審査員によるリレートークと表彰式を行います。

応募の概要

皆さんのご応募おまちしています
応募資格 地域工務店・ビルダー、設計事務所、ハウスメーカー、リフォーム会社など
対象住宅 2018年1月以降に竣工した日本国内の住宅。
新築・エコリノベ部門:
注文・分譲・建売・店舗併用・賃貸併用いずれも可(別荘・常設展示のモデルハウスは不可。建築実務者の自邸を除く)。
モデルハウス・自邸部門:建築実務者(建築家・工務店社長)の自邸、モデルハウス。※リノベーション含む 
審査員 伊礼智(建築家)/ 前真之(東京大学大学院准教授)/ 三澤文子(建築家)/ 竹内昌義(建築家)/ 岸野浩太(夢・建築工房)
応募方法 STEP1:エントリーフォームに記入し、2022年6月30日(木)までに登録をしてください。※応募は締め切りました

STEP2:A3応募シート2枚(PDFまたはEXCEL)に、必要事項を記入してください。

STEP3:必要書類を2022年7月8日(金)までに下記のメールにてお送りください。
☆応募シート・図面・資料はA3、6枚以内におさめてください。7枚目以降は無効となります。
・A3応募シート2枚PDFまたはEXCEL(必須)
・A3平面図PDF(敷地形状が分かる境界線が入ったもの、隣地の状況がわかるもの)(必須)
・A3断面図(矩形図)PDF(必須)
・省エネルギー性能の見える化資料1枚(形式自由)(必須)
・そのほか補足資料など
ad1@xknowledge.co.jp(件名は「日本エコハウス大賞応募」としてください)

※メールサイズは10MB以内でお願いいたします。
※大容量ファイル無料転送サービスを使う場合も、10MB以下でお願いします。
※容量ファイル無料転送サービスを使用される場合は、7日以上の保存期間を設けてください。
※1部門1社1事例までの応募が可能です。
問い合わせ 株式会社エクスナレッジ「日本エコハウス大賞」事務局
担当/山川 Tel:03-3403-1343
スケジュール エントリー受付締切
2022年6月30日(木)
実例応募締切
2022年7月8日(金)23:59
設計審査(書類選考)
2022年7月中旬  
ノミネート10作品発表
(建築知識ビルダーズNo.50にて)

2022年8月27日(土)
オンライン公開審査
2022年9月~10月
シンポジウム&表彰式
2022年11月中旬
最優秀賞作品紹介
(建築知識ビルダーズNo.51にて)

2022年11月28日(月)
協賛賞について 各社の製品採用事例のなかから選出します。
採用している製品がある場合は、応募シートに記入してください。

エントリー受付

    法人名(個人の場合は個人名)【必須】
    フリガナ【必須】
    屋号
    フリガナ
    代表者名【必須】
    フリガナ【必須】
    担当者【必須】
    フリガナ【必須】
    郵便番号【必須】

    所在地【必須】

    番地建物名

    電話番号【必須】
    FAX
    メールアドレス【必須】

    このサイトはreCAPTCHAにより保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適応されます。

    応募における注意点

    募集規定

    • ・作品の応募は合成を行うなど、著しい加工を施した写真の使用はご遠慮ください。
    • ・被写体等は権利者から事前の了承を得た上で応募してください。
    • ・応募作品は返却いたしませんので、ご了承ください。
    • ・応募多数の場合、応募受付締切を早めさせて頂く場合がございます。

    作品内容の制限

    作品の内容等が以下に相当すると主催者側が判断した場合、主催者は応募者に通知などの連絡を行なうことなく、
    審査の対象外とする場合がございます。
    ・応募規定に反するもの。
    ・第三者を誹謗中傷し、またそのプライバシーを侵害するもの。
    ・コンテストの趣旨などに合わないと主催者が判断したもの。
    ・作品データが判読不能なもの。
    ・応募作品は、著作権等の権利が応募時点で作者に帰属するものに限ります。

    個人情報の管理について

    応募する際に必要となる個人情報(氏名・住所・連絡先等)については厳重に管理し、当コンテストの運営のみに使用させていただきます。