日本エコハウス大賞

優秀賞

SUR都市建築事務所

ph1_LDK南西3

雑司が谷ZEH

UA値=0.35W/㎡K C値=0.92c㎡/㎡ 一次エネルギー消費量=48.7GJ/戸・年

この住宅は、都内の第1種中高層住居専用地域、3階建てが並ぶ住宅密集地に建つ。敷地南側は、現在は駐車場だが、いずれ3階建てが建つことを想定し、将来にわたって日照が確保できるように建物を北かつ道路側に寄せている。主要居室は前面をふさがれる心配のない2階の西寄りに配置し、3階までの吹抜けにすることで日射を取得している。
設計は、エコハウスの制約を感じさせない自由でおおらかなデザインを目指した。変形敷地の余剰空間を活用し、5つの外部空間を設け、日常生活で自然を感じながら、エコを楽しめる工夫をしている。

DATA

所在地 東京都豊島区
家族構成 夫婦+子ども2人
構造 木造SE構法、地上3階
敷地面積 119.78㎡
建築面積
延床面積 115.21㎡+車庫12.0㎡+小屋裏11.35㎡+吹抜24㎡
設計 SUR都市建築事務所
完成年月所

省エネルギー性

UA値 0.35W/㎡K
ηA値 2.4
C値 0.92c㎡/㎡
一次エネルギー消費量 48.7GJ/戸・年
地域区分 4
屋根・天井 ウレタン吹付200㎜+透湿遮熱シート+通気層30㎜+遮熱塗装ガルバリウム鋼板
外壁 外壁通気+ウレタン吹付120㎜+フェノールフォーム30㎜外張り
床・基礎 基礎断熱:防蟻TBボード50㎜外張り+スタイロフォーム50㎜内張り
+スカート断熱50㎜、W450㎜
小窓:防火FG-H(LIXIL)+Low-E復層ガラス
引違窓:防火サーモスX(LIXIL)+Low-Eトリプルガラス+シャッター
気密
その他
冷暖房 暖房:床下 ツインコンプレッサータイプエアコン28+薪ストーブ
冷房:3階 ツインコンプレッサータイプ壁掛エアコン25
給湯 エコキュート370L
換気 第3種換気+簡易与熱給気
創エネなど 太陽光発電5.25kw
  • ph1_LDK南西3

    リビング・ダイニングは2層分の吹抜けにして、将来、南に建物が建っても日照を確保。ダイニングそばの窓にはグリーンカーテン

  • ph2_LDK菫ッ迸ー

    3階メンテナンス用のキャットウォークからリビングを見る。2、3階は開放的なワンルーム空間

  • デッキとオーニング

    2階リビング前のバルコニーは植物に囲まれたアウトドアリビング。日射遮蔽のための可動式オーニングを備える

  • ph4_外観新

    都市のグリーン

  • ph9_LDK夕景

    照明はLEDによる多灯分散照明。白い内装により、少なめの照明で十分な照度を確保できている

  • 追加断面

    断面図 S=1:100

  • 追加平面

    平面図 S=1:200

  • ph6_雨水タンク

    2階デッキの隅にある雨水タンク。250Lの容量で非常時にも有効。普段は植木の水やりに使用

  • ph5_開口部の構成

    大開口はトリプルガラスサッシ+シャッター+断熱ブラインドで保温を図っている

  • ph7ab_床下エアコン

    メイン暖房は28サイズの床下エアコン

  • 床ガラリ

    床下エアコンの温風はガラリで室内へ

  • ph8_天窓

    LDK吹抜け上部の天窓は、3階部分の高低差で重力換気に有効であるとともに、日時計のように太陽の動きを映す自然を感じる仕掛け。暑さ対策は、高遮熱ガラスと日よけシェードで万全

  • 建築知識用配置図

    区画図

  • ph1_LDK南西3
  • ph2_LDK菫ッ迸ー
  • デッキとオーニング
  • ph4_外観新
  • ph9_LDK夕景
  • 追加断面
  • 追加平面
  • ph6_雨水タンク
  • ph5_開口部の構成
  • ph7ab_床下エアコン
  • 床ガラリ
  • ph8_天窓
  • 建築知識用配置図

審査員講評

都心部の狭小地において、パッシブハウスのスタンダードなアプローチで手堅く着実につくられた作品です。吹き抜けの高い位置から自然光を採り入れた明るく伸びやかな設計や、都会に住む人に癒やしや快適さを与えるグリーンに、多くの人が好感を持つことでしょう。敷地条件から南に正対せず、西に振れた建物配置は、どうしても西日が課題となります。その日射遮蔽の対策として、南南西にオーニングとグリーンを計画していますが、真夏にどれだけエアコンに頼らずに生活ができていたのか興味が湧きます。