2030年のスタンダード住宅を描こう

審査の流れ

1.

書類審査

建築知識ビルダーズ編集部が書類チェックを行います。
主に書類の不備や項目の過不足などを確認し、写真やプレゼンテーションの内容などを見て1次審査に進む住宅を選考します。

2.

設計審査

1の書類審査を通過した住宅を対象に、審査員5名による設計審査を行います。
設計図書(平面図・断面図)を審査し、優れた設計の住宅を10作品選考します。
※審査員の票が入った応募者には、後日、得票数をお知らせします。
※ノミネートは、オンライン審査に出席できることが条件となります。

3.

ノミネート作品発表

WEBサイトで発表します。
後日、各作品のプレゼンテーションをYouTubeで公開します。

4.

オンライン審査会

設計審査員およびゲスト審査員による審査を行い、最優秀賞と優秀賞を決定します。
決定後、WEBサイトで発表します。
最優秀賞の住宅は「建築知識ビルダーズNo.51」(2022年11月27日発売)に掲載します。

5.

シンポジウム&表彰式

ジャパンホーム&ビルディングショーの会場で、審査員によるリレートークと表彰式を行います。