2030年のスタンダード住宅を描こう

8つの評価項目

脱炭素時代の省エネ住宅の提案

地域・周辺環境に合わせたパッシブ設計

自然エネルギーを活用した創エネルギーの提案

新しい試みや挑戦

心地よさ、暮らしやすさを考慮したプラン

安心して住み続けられる耐震性の確保

公共に配慮した普遍的な美しさ

長持ちするための工夫や維持管理の提案

審査員の紹介

建築家

伊礼 智 氏irei satoshi

伊礼 智 氏

1959年沖縄県生まれ。東京芸術大学美術学部建築科大学院修了、丸谷博男+エーアンドエーを経て’96年伊礼智設計室開設。斬新でなく実用的なデザイン、簡素ながらも品があり、クオリティの高い美しい佇まいを心がけ、誰もが居心地良いと思える家づくりを追究。2006年「9坪の家」、’07年「町角の家」でエコビルド賞。2013年、i-works project でグッドデザイン賞を受賞。著書に『伊礼智の住宅設計』『小さな家70のレシピ』(エクスナレッジ)

東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻 准教授・博士(工学)

前 真之 氏mae masayuki

前 真之 氏

1975年生まれ。‘98年東京大学工学部建築学科卒業。2003年同大学大学院博士課程修了。’04年建築研究所などを経て、29歳で東京大学大学院工学系研究科客員助教授に就任。’08年同建築学専攻准教授。空調・通風・給湯・自然光利用など幅広いテーマを研究し、真のエコハウスの姿を追い求めている。現在、暖房や給湯にエネルギーを使わない無暖房・無給湯住宅の開発・研究に取り組んでいる

建築家

三澤 文子 氏misawa fumiko

三澤 文子 氏

静岡県生まれ。1979年奈良女子大学理学部物理学科卒業、現代計画研究所を経て’85年Ms建築設計事務所設立。2001~’09年岐阜県立森林文化アカデミー教授、’11年~’15年京都造形技術大学通信大学院教授。主な作品は、ケナル山荘、白水湖畔ロッジ、禅定庵、北沢建築工場など。著書に『木造住宅の可能性』(INAX出版)、『住宅に空間力を』(彰国社)、『最高の木造住宅をつくる方法』(エクスナレッジ)など

建築家

竹内 昌義 氏takeuchi masayoshi

竹内 昌義 氏

1962年神奈川県生まれ。’85年東京工業大学工学部建築学科卒業。’88年東京工業大学大学院理工学専攻科建築学専攻修士課程修了。2008年に東北芸術工科大学デザイン工学部建築・環境デザイン学科の教授に就任。専門は建築デザインとエネルギー。主な著書に『図解 エコハウス』(エクスナレッジ)、『原発と建築家』(学芸出版社)、『未来の住宅/カーボンニュートラルハウスの教科書』(バジリコ)など

夢・建築工房 代表取締役/一般社団法人 新木造住宅技術研究協議会 理事

岸野 浩太 氏kishino kota

岸野 浩太 氏

1975年北海道千歳市生まれ、4歳で埼玉県に転居。‘98年日本大学工学部建築学科卒業後、東京都内の設計事務所に勤務し、共同住宅や事務所ビルなどの設計・監理、分離発注(CM方式)による住宅の設計・施工などを担当。2005年に夢・建築工房入社。’13年同社代表取締役に就任。高断熱・高気密住宅の設計・施工の実績を積み重ねてきた埼玉県の”スーパー工務店“に成長させる。主な著書に『エコハウス現場写真帖』(エクスナレッジ)