2030年のスタンダード住宅を描こう

第5回日本エコハウス大賞シンポジウム開催

「第5回日本エコハウス大賞」の審査員5名とこれからの住宅について考えるシンポジウムを開催します。

ついに最終回を迎える今回は、
次の世代へと大事に引き継がれる「未来につなぐエコハウス」についてのリレートーク、
受賞住宅を題材にしたパネルディスカッション、
昨年の大賞受賞者であるi+i設計事務所+オーガニックスタジオ新潟の講演など、
3時間半みっちりこれからの住宅について語り合います。

第1部:協業上手が成功する。建築家+工務店でつくるエコハウス 基調講演(60分)

第4回日本エコハウス大賞・大賞受賞の建築家・飯塚豊氏と、オーガニックスタジオ新潟の相模稔社長に「協業でつくるエコハウス」について語っていただきます。性能と意匠、そしてビジネスの両立は簡単ではありません。意匠に課題がある工務店は建築家とコラボし、性能に苦手意識をもつ建築家は工務店の技術を頼ればよいのです。互いの職能を尊重しながらコラボを成功させた二人の話には、これからの家づくりのヒントがあります。

第2部:密室1次審査を再現!?審査員エコハウス談義
リレートーク「住宅のロングライフ設計とは」(15分×5名)
パネルディスカッション「応募作品にみるエコハウスのこれから」(50分)

JEHシンポジウムの名物、審査員のリレートークでは、近年、住宅のつくり手にとって無視できない地震や台風・豪雨・猛暑などの災害対策などにも触れながら、資産として長持するエコハウスのあり方などを講演いただきます。後半は、各審査員が1次審査で評価した住宅を題材にしながら、今後、求められるエコハウス設計のあり方をパネルディスカッション形式で議論します。

【日時】2020年1月28日(火)14:00~17:30
【会場】リビングデザインセンターOZONE 3F パークタワーホール
【参加費】一般3,000円(税込) 学生1,000円(学生証提示) CLUB OZONE(プロ・法人・ユース)無料
【定員】250名(先着順)
【主催】リビングデザインセンターOZONE
【協力】建築知識ビルダーズ
【申込方法】
ご希望の方は、OZONEホームページのセミナーページからお申込みください。
https://www.ozone.co.jp/pro/seminar/detail/880

シンポジウム案内PDFはコチラ