日本エコハウス大賞

リノベーション大賞

大森典子建築設計事務所

福島の家

施工:今野建業 構造:木造軸組構法 UA値=0.35W/㎡ C値/減圧=0.4c㎡/㎡ 一次エネルギー消費量/678MJ/㎡・年

建て主がそれまで住んでいたのは、中央に座敷が連なり、水廻りなどの生活部分が北側に押しやられた典型的な農家住宅だった。断熱材がまったく入っていなかったため、冬の厳しい寒さに命の危険を感じることもあったという。そこで、敷地内に隣接して建っていた大正期の小さな土蔵を改修し、生活の場をそちらへ移すことになった。
 蔵は以前に曳家を行っており、鉄筋コンクリート基礎につくり替えてあったことが幸いし、東日本大震災で土壁が落ちたまま放置されていたものの、軸組はしっかりしていた。土台と柱にはクリ材が使われ、しかもすべて通し柱である。横架材のマツの状態もよく、これらを最大限生かしながら、十分な耐震・断熱性能を付与する改修計画を提案。土壁はすべて撤去し、構造材の不陸と欠損部分の処理を丁寧に行い、新たに設けた開口部や外皮について施工精度を高め、気密性能も上げている。

DATA

所在地 福島県伊達市
家族構成 夫婦(60歳代)
構造 木造軸組構法
敷地面積 2061.17㎡
建築面積 74.52㎡
延床面積 82.80㎡
設計 大森典子建築設計事務所
完成年月所 2016年8月

省エネルギー性

UA値 0.35W/㎡・K(Q値1.05W/㎡・K)
ηA値 0.9
C値 0.4c㎡/㎡
一次エネルギー消費量 678MJ/㎡・年
地域区分 4地域
屋根・天井 屋根:高性能グラスウール16K 280~300㎜
外壁 充填断熱:高性能グラルウール16K 105~130㎜
付加断熱:高性能グラスウール16K 100㎜
床・基礎 基礎外断熱:押出法ポリスチレンフォーム3種B100㎜
床断熱:押出法ポリスチレンフォーム3種B50㎜~100㎜
木製サッシ+トリプルガラス(Low-E4+A12+FL4+A12+FL4)
一部樹脂サッシ+トリプルガラス(Low-E3+A16+FL3+A16+FL3)
南西窓には外付けブラインドを設置
気密
その他 蓄熱床
冷暖房 暖房:床置きエアコン
冷房:床置きエアコン
給湯 エコキュート
換気 第一種ダクトレス換気システム(日本スティーベル)
創エネなど
その他
  • 1階(15.5坪)で生活が完結できるように動線をシンプルにまとめている

  • 既存の小屋組が美しい2階フリースペース。横長の連続窓からは山並みが一望できる。床は軟らかいコルクタイル

  • 既存蔵にあった1・2階を仕切る水平建具をそのまま残し、寝室の天井にガラリを仕込んだ。建具の開閉により上階のフリースペースに排熱する

  • 既存蔵にあった1・2階を仕切る水平建具をそのまま残し、寝室の天井にガラリを仕込んだ。建具の開閉により上階のフリースペースに排熱する

  • 南面の吹き抜け+大開口と軽やかなスチール階段。自然光が射し込む気持ちのよい場所。窓枠や階段の踏み板など、ほとんどの造作材に古い床板を再利用している

  • 平面図S=1:150

  • 東側外観。蔵の面影を残しながらも、美しい住宅の佇まいに生まれ変わった。外壁は敷地内のほかの建物に合わせ、漆喰仕上げ。サッシは木枠の外側に3層のガラスが付くタイプで、シャープな表情に。木部が外に出ないので塗装メンテナンスが不要である

  • 改修前の外観。震災で土壁が剥がれ落ちていた。いずれ取り壊す予定だった

  • 改修にあたり軸組は残し、土壁を撤去。瓦は一度外して葺き直した

  • 欠損の多い既存構造材を一部露しとしたため、気密処理に手間がかかった。丁寧な施工でC値0.4を確保

  • 既存軸組に耐力面材を張り、付加断熱を行った

  • 南側外観。窓には外付けブラインドを取り付けている

  • 断面図S=1:150

  • 各月の平均外気温と平均室温

  • 一次エネルギー消費量計算結果

審査員講評

 応募作品のなかでも群を抜いて上質な意匠でした。日本の伝統的な建築「蔵」をリノベーションし、しっかりと断熱を施して性能を高めている点を審査員全員が評価しました。そのうえで、日射遮蔽の工夫もされて、快適な空間をつくり上げています。特に南面の大きな縦の窓は、ほかでは見ないデザインであり、意匠と性能の両立が図られています。また、キッチンや浴室、ポーチ部分を増設した25坪の設計も良く、魅力的な空間にまとめられています。1階で無理なく基本的な生活が完結し、「終の棲家」にふさわしい住まいです。