日本エコハウス大賞

大賞

もるくす建築社

DSC_2395a

開放する北国の家

Q値=1.17W/ ㎡K C値/減圧=0.15c㎡/㎡ 一次エネルギー消費量/698MJ(㎡・年)

 秋田県に建つ大曲の家は、熱的な見地に加え、さまざまな要素を南側開口部に期待した。十分な明るさを満たしつつ、遮熱や防犯など大開口部の不安要素を取り除き、居住性を追求。
 高性能化の最大の目的は快適かどうかで、省エネルギーが第一義ではない。20 ㎡の大開口部は季節に応じてコントロールできる「装置」という概念に近い。オペレーター窓からは排熱が促され、外付けブラインドは視線と太陽熱を調整する。
 室内から軒先まで続く天井は熱と一緒に空へ視線を伸ばすだろう。夜には室内が美しく見えるように光の分散とやわらかい質感を強調した。分厚い断熱材と輻射熱により温まった室内は、外の寒さとは別世界のように感じることができる。日本海側の冬の曇天は太陽熱利用には不向きな土地であるが、住まいの開放化には降り積もる雪で閉鎖的になった気持ちまで開く力があると信じている。

DATA

所在地 秋田県大仙市大曲
家族構成 3人(夫婦+子供1人)
構造 木造軸組
敷地面積 503.62 ㎡(152.34坪)
建築面積 118.19 ㎡(35.75坪)
延床面積 97.50 ㎡(29.49坪)
設計 もるくす建築社
完成年月所 2014年9月

省エネルギー性

床(基礎断熱) EPS200㎜
HGW320 ㎜
屋根 HGW450 ㎜
カーテンウォール/ペア、PVC 窓/トリプル
給湯 電気式ヒートポンプ給湯器エコキュート
冷暖房 暖房:パネルヒーター/熱源:空気熱ヒートポンプ 冷房:エアコン
換気 第一種換気、循環型レンジフード
  • DSC_2388a

    低く、分散した照明は壁の漆喰が適度に吸収してやわらかな雰囲気をつくりだしている。言うまでもなくシーン別に使い分けることで電気エネルギー削減につながっている

  • DSC_2319a

    外部との境界をはっきりさせることは室内に、より多くのものを取り込める。厳しい自然も技術により身近なエネルギーに感じられると思う。何より静穏で開放感のある暮らしは居住者にとって望ましい環境と言えるだろう

  • DSC_2395a

  • 名称未設定-2

    効率的な壁
    壁はHGWの二層構造。柱内に120㎜充填と外断熱が200㎜である。壁の厚手化は長年の課題であったが、熱橋が少なく下地材に木材が使え出隅や窓回りなどの下地が組みやすい工法でチャレンジした。39×45という普通に流通している木材をハシゴ状に組み壁に打ち付けるというもの。ビスは断熱材で隠れ、木部も柱に「点」接合になるため熱橋も極めて少ない。厚みも自由に調節できるためケースによって可変な点もメリットである。また、この工法は防湿層の外側に設置できるため、リフォームでも簡単に断熱補強ができるという特性がある

  • 名称未設定-1

    「太い」ディティール
    積雪を含めた冬の対策はこの地区の建築計画の最も重要な部分となる。自然と垂木寸法は大きくなり、高断熱化により壁は厚くなる。繊細な表現も美しいが、この住宅は雪国らしくマッシブなディテールで統一した。軒はガルバリウムと木材の異素材の組み合わせと微妙な角度調整により野暮ったくならないよう気を付けた。カーテンウォールのマリオンは窓と材質を合わせ、必要強度よりもサイズアップをしてより太さを強調したことによりガラス面に重厚さを持たせた。

  • 133P

  • 133P-2

  • DSC_2388a
  • DSC_2319a
  • DSC_2395a
  • 名称未設定-2
  • 名称未設定-1
  • 133P
  • 133P-2

審査員講評

 性能だけ考えている家ではなく、住む人の気持ちをくみ取った設計が審査のポイントになりました。設計とはそういうもので、「降り積もる雪で閉鎖的になった気持ちまで開く力がある」と、そこまで考えてチャレンジする姿勢が大事です。その挑戦がなければただの箱になってしまいますから。断熱性能も高く、なおかつデザインセンスもよく、意匠と性能のバランス感覚が応募作品のなかでも群を抜いていました。
 高性能のサッシを採用し、性能担保があるからこそできた住まいです。デザインとエコが融合した、手本になる住まいになりました。